環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)

GMO遺伝子組み換え

小麦を考えるシリーズ8:放置したポッコリ小麦腹は、認知症や結腸癌、リウマチ性関節炎を引き起こす

小麦は、最強の『食欲増進剤』である 小麦の都合の悪い人体への影響をシリーズで取り上げています。 参考にしているのは、この本です。 この本は、以前ご紹介したジェイン・プラント教授が書いた世界的なベストセラー「乳ガンと牛乳」…

GMO遺伝子組み換え

小麦を考えるシリーズ2:ダイエットしてもどうしても凹まないそのお腹は、小麦が原因かもしれません。

小麦が引き起こす病気って何だろう!? 前回の記事からシリーズ化して『小麦』をテーマにしています。 この記事は、この本をベースにしています。 僕自身も、先週から【小麦断ち】に挑戦しております。 いくらダイエットしても「ポッ…

添加物

医薬品や農薬、殺虫剤などさまざまなものに使用される化学物質:環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)

医薬品や農薬、殺虫剤などさまざまなものに使用される化学物質 前回のブログで、多くの環境で化学物質が使われて環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)が発生するリスクがあるとお伝えしました。 環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)…

添加物

化学物質なのに本物のホルモンのようにふるまう環境ホルモンは、あなたの暮らしの中に多く潜んでいます。

環境ホルモンが高濃度で検出された妊婦から生まれた男子は、ペニスも短く精巣が小さい傾向があります この事実は、本当に衝撃的でした。 知らず知らず普通に生活していく中で、体に環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)が高濃度で溜ま…

添加物

環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)は、分解が困難で環境に残留し、食物連鎖で数千倍数万倍に濃縮される。

妊婦から、高濃度の環境ホルモンが検出されたら男の赤ちゃんは、ペニスも短く精巣が小さくなるという ここ数回にわたって、環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)を取りあげています。 環境ホルモンの弊害のひとつは、生まれてくる赤ち…

環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)

環境ホルモンを考える。精子の数がゼロになる恐れ。日本人男性の精子が質も量も最低レベルという事実。

人類は、滅亡に向かっているのか?40年後には精子はゼロになるという予測 なんとも衝撃的なタイトルにしてしまいました。 ですが、無視できない状況にあるようなので記事にします。 前回、前々回と環境ホルモンのことを記事してきま…