パレスチナ・オリーブ石けん

一度使ったら、他の石けんは使わなくなります。

皮脂の油分を取りすぎないからお肌にやさしい

この石けんは地元パレスチナのヴァージンオリーブオイルを原料としています。二番搾りや化学薬品で抽出された安価で栄養分の劣るオイルではなく、一番搾りのオイルでシンプルで高品質なオリーブ石けんを作っています。

オリーブオイルは、肌に馴染みやすいオレイン酸、天然保湿成分であるスクワレンやグリセリンを多く含んでいます。きめ細かな泡立ちで、さっぱりしっとりした洗い心地。使っていただくとその質のよさをきっと解っていただける自慢のオリーブ石けんです。

パレスチナ・オリーブ石けん

パレスチナと石けんのつながり

このオリーブ石けんは、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスの石けん工場で作られ、ガラリヤ地方(1948年からイスラエル)のパレスチナの非営利団体「ガリラヤのシンディアナ」の協力で包装・出荷されています。

「ガリラヤのシンディアナ」とはパレスチナ北部のガリラヤ地方を中心に活動する生産者団体で、農家がオリーブ栽培を発展させること、生産意欲と収入を高めること、女性の仕事を作ることを目的としています。2003年、IFAT(国際オルタナティブ・トレード組織連盟)へ加盟しています。

ナーブルスは、およそ9000年前からアラブ・カナーン人の町として発展した歴史ある町。ナーブルス伝統の石けん工場を営む家系の一つ「ティベーレ家」で、7人程の職人によって作られています。

地元の原材料で作られた最高の品質のオリーブ石けんをこそ海外に紹介・販売して、活動を広げる、そしてパレスチナと経済的に結びあっていこうと考えていた「シンディアナ」、純粋に混ぜ物なしの理想のオリーブ石けんを形にしたい、世に出したいと考えてきた石けん工場。この両者が出会って高品質のオリー ブ石けんが作られています。

周囲での仕事が生まれてきています

この10年ほど、石けん工場は、地元の食用のヴァージンオリーブオイルを使った高品質な石けんに、自然な材料を加えた石けんを開発し、改良してきました。現在、約20種類のオリーブ石けんを製造・販売しています。
製造ラインが何ラインもあるわけではないので、ある種類の石けんを作った後は、数時間かけて機械を清掃し、別の石けんを作ります。

以前は、工場長の家族総出でハーブをみじん切りにしたり、職人さん達がみんなで果汁を手で搾ったり、としていましたが、今は果汁なら生ジュース屋さんに頼んだりしています。また、石けんの箱も同様で、ナーブルスの印刷工場で作られ、周囲での仕事が生まれてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パレスチナ・オリーブ石けん/プレーン

パレスチナ オリーブ石けん
プレーン

全成分:オリーブ油、水酸化Na(苛性ソーダ)、精製水
容 量:100g
製 造:パレスチナ製


756(税込)





パレスチナ・セージ入り

パレスチナ オリーブ石けん
セージ入り

全成分:オリーブ油、水酸化Na、セージ、精製水、セージエッセンシャルオイル
容 量:100g
製 造:パレスチナ製


864(税込)





パレスチナ オリーブ石けん / ザクロ入り

パレスチナ オリーブ石けん
ザクロ入り

全成分:全成分:オリーブ油、水酸化Na、ザクロ(エキス)、精製水、ザクロシードエッセンシャルオイル
容 量:100g
製 造:パレスチナ製


864(税込)





パレスチナ オリーブ石けん / サフラン入り

パレスチナ オリーブ石けん
サフラン入り

全成分:オリーブ油、水酸化Na、サフラン(めしべ)、精製水、ローズオイル
容 量:100g
製 造:パレスチナ製


864(税込)





 

 

 

 

セージ・ザクロ・サフランについて

《セージ》皮膚の毛穴などを清潔にし、皮膚を引き締めます。
《ザクロ》抗酸化作用があり、皮膚の老化を軽減し、シワを防止します。
《サフラン》ニキビを予防し、皮膚を柔らかくし、しっとりさせます。

※一般的に言われている効果で、石けんの効能を述べたものではありません。

オリーブ石けんの色について

着色料を使わず、自然な材料で作られているため、毎回、石けんの色が異なります。
オリーブオイルの色は品種、収穫の時期、澱(オリーブオイルの搾りかす)の量によって異なります。主にこのオリーブオイルの色によって、製造ごとに色が異なります。

 

 

パレスチナ・オリーブ石けん


このページの先頭へ

Top