Loading...
国産米油

国産米油

米油は、素材の味を引き立てる風味の良さが特徴。
炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど、どんなお料理にも美味しくお使いいただけます。

米ぬか由来の機能性成分(ビタミンE、トコトリエノール(スーパービタミンE)、植物ステロール、γ-オリザノール)をたっぷり含んだ。純国産米使用の米油です。

 

 





江戸時代から続く圧搾製法

「圧搾一番搾り 国産こめ油」は、江戸時代から続く圧搾製法で作られたこだわりの国産こめ油です。
米ぬかにはわずか20%の油分しか含まれず、溶剤を使わずに圧力だけで搾れるのはわずかその半分。
自然な製法で搾った国産の米ぬかと米胚芽の豊富な栄養分が凝縮された貴重な食用油です。

稲穂の写真

 

 

 

「米ぬか」へのこだわり

こめ油の原料となる「米ぬか」は、お米を精米した際に生まれますが、時間が経つとそこに含まれる油分が酸化してしまいます。
そのため鮮度が重要で、創業当時は精米会社から「米ぬかが出ました!」という電話が来れば、すぐに取りに行っていたほどでした。しかし年々こめ油の生産量は増え、それに伴い原料の仕入れも増加し、全国各地から集まる大量の米ぬかを即座に回収するのは至難の業でした。

こめ油の抽出工場を各地に設けることで、原料の回収から加工までを6時間以内に行える環境を整え、鮮度を守り続けています。

米ぬか

 

 

 

 

 

 

 

 

安心で安全な製品作りを支える、 つの食品独自の「品質基準」。

各製造工場ではこの装置を用いて、様々な管理項目を厳しくチェックしています。
そのようにして作られる製品は、世界で最も厳しいと言われるヨーロッパの品質基準をクリアしています。

こめ油は、その豊富な栄養や身体へのやさしさから、学校給食でも使われている油です。未来を担う子供たちの安心・安全を守るためにも、品質管理を徹底し続けます。

米ぬか

 

 

 

貴重な米ぬかを無駄なく
活用するために

お米の消費量が減少し、米ぬかの確保は年々難しくなっています。 米ぬかはお米の種類や季節によって油分や水分量が異なるため、個性に応じて米ぬかを組み合わせて油をとりやすくする開発研究を重ねています。

米ぬか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


environment issues

化学物質なのに本物のホルモンのようにふるまう環境ホルモンは、あなたの暮らしの中に多く潜んでいます。

化学物質なのに本物のホルモンのようにふるまう環境ホルモンは、あなたの暮らしの中に多く潜んでいます。

環境ホルモンが高濃度で検出された妊婦から生まれた男子は、ペニスも短く精巣が小さい傾向があります。この事実は、本当に衝撃的でした。知らず知らず普通に生活していく中で、体に環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)が高濃度で溜まって・・・

環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)は、分解が困難で環境に残留し、食物連鎖で数千倍数万倍に濃縮される。

環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)は、分解が困難で環境に残留し、食物連鎖で数千倍数万倍に濃縮される。

妊婦から、高濃度の環境ホルモンが検出されたら男の赤ちゃんは、ペニスも短く精巣が小さくなるという。ここ数回にわたって、環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)を取りあげています。環境ホルモンの弊害のひとつは、生まれてくる・・・

環境ホルモンを考える。精子の数がゼロになる恐れ。日本人男性の精子が質も量も最低レベルという事実。

環境ホルモンを考える。精子の数がゼロになる恐れ。日本人男性の精子が質も量も最低レベルという事実。

人類は、滅亡に向かっているのか?40年後には精子はゼロになるという予測。なんとも衝撃的なタイトルにしてしまいました。ですが、無視できない状況にあるようなので記事にします。前回、前々回と環境ホルモンのことを記事して・・・

缶詰は、非常食としては貴重な食品ですが、製造途中で使用される環境ホルモンが不妊などの悪影響を及ぼします。

缶詰は、非常食としては貴重な食品ですが、製造途中で使用される環境ホルモンが不妊などの悪影響を及ぼします。

ビスフェノールA(BPA)は、缶の内側の金属防蝕フィルムから溶出し、卵子や精子の成熟を妨げ生態系に悪影響を及ぼします。アメリカの研究では、妊娠したマウスに非常にわずかな量のBPAを与えたところ、生まれたオスの仔・・・

 

mitochondrion

特定疾患(指定難病21)に指定されている細胞の活動が低下したり、細胞が消滅したりする「ミトコンドリア病」とは

特定疾患(指定難病21)に指定されている細胞の活動が低下したり、細胞が消滅したりする「ミトコンドリア病」とは

「5,000人に1人程度発症しているミトコンドリア病とは」エネルギー代謝系(ミトコンドリア呼吸鎖)の先天代謝異常症で、出生5,000人に1人の割合で発症し、どんな臓器・組織、年齢、遺伝形式でも発病します。そして・・・

[ミトコンドリアを活性させよう]週1回、有酸素運動をしているガン患者は、15年後の生存率が33%も向上する。

[ミトコンドリアを活性させよう]週1回、有酸素運動をしているガン患者は、15年後の生存率が33%も向上する。

「2014年に発表されたエクササイズとガン患者の関連性の研究結果」有酸素運動が、ガン患者の健康に役立っているという研究結果です。週1回、有酸素運動をしているガン患者は、15年後の生存率が33%も向上する・・・

体内のパワーハウスを活性化!ミトコンドリア向上のためのトレーニング

体内のパワーハウスを活性化!ミトコンドリア向上のためのトレーニング

「ミトコンドリアを向上させるためのトレーニング。有酸素運動の効果とは」体内のエネルギー源であるミトコンドリアを活性化させるためには、適切なトレーニングが欠かせません。特に、有酸素運動はミトコンドリアの数や機能を・・・

日々の食事でミトコンドリアの機能を向上させる方法と実践的なアドバイス

日々の食事でミトコンドリアの機能を向上させる方法と実践的なアドバイス

「食事を通じてミトコンドリアの機能を向上させる方法」ミトコンドリアは私たちの細胞内でエネルギーを生産し、健康な身体を維持する重要な役割を果たしています。食事はミトコンドリアの機能に大きな影響を与える要因の一つ・・・

細胞エネルギーの生産工場:ミトコンドリアの重要な役割とは

細胞エネルギーの生産工場:ミトコンドリアの重要な役割とは

「エネルギー生産の中心:ミトコンドリアの役割とは」ミトコンドリアは、私たちの体内でエネルギーの生産を担う重要なオルガネラです。細胞内の小さな「エネルギー工場」とも言えるミトコンドリアは、酸化的リン酸化というプロセス・・・

慢性的なだるさの原因は、ミトコンドリアにあり。癌や動脈硬化、老化や認知症を防止するミトコンドリアについて。

慢性的なだるさの原因は、ミトコンドリアにあり。癌や動脈硬化、老化や認知症を防止するミトコンドリアについて。

「慢性的なだるさの原因はミトコンドリアの不調から」あなたは、だるさを放っておいていませんか? だるさを感じることは、体の中からの黄色信号がでています。「だるさは病気じゃないから気にしないようにしているよ」というのは、大きな間違い・・・

 

walking

ウォーキングの秘訣。早期死亡を防ぐなら1日20分。長生きしたいなら、1日60分歩く。ハーバード大学研究論文から

ウォーキングの秘訣。早期死亡を防ぐなら1日20分。長生きしたいなら、1日60分歩く。ハーバード大学研究論文から

メタ分析:3万6383人分ものデータをもとに運動量と死亡率の関係誰しも元気で長生きしたいものです。今回は、ハーバード大学が発表した2019年の論文を内容から。軽快に歩く(ウォーキング)ことの重要性について「不老長寿メソッド 死ぬ・・・

1日1万歩は、間違い?1日8000歩/速歩き20分研究データから判明した病気の予防ライン

1日1万歩は、間違い?1日8000歩/速歩き20分研究データから判明した病気の予防ライン

20年以上にわたる研究で判明した最適なウォーキングとは。毎日歩くことは、とても健康に良いということは皆さん良くご存じだと思います。世界でも一番の健康な心臓を持つチマネ族は、1日1万6000歩をあるくチマネ族のようにたくさん・・・

転倒死は、交通事故の2倍。60代以上なら転んで死にいたる人は、12.5%。その9割は平らな所で転んでいます。

転倒死は、交通事故の2倍。60代以上なら転んで死にいたる人は、12.5%。その9割は平らな所で転んでいます。

骨は、何歳からでも強くできます。叩いて骨を強くする。骨を叩くことで骨ホルモンである「オステオポンチン」が分泌されて、癌や肺炎、感染症などのを予防してくれるまたリズミカルに骨を叩くことで骨ホルモンを有効的に作りだすこと・・・

いまからでもすぐ始められる。免疫力を上げて病気にならない3つの習慣

いまからでもすぐ始められる。免疫力を上げて病気にならない3つの習慣

健常な人でも寝ている間に3,000個以上のガンが発生している。いまや日本人は2人に1人が、がんに罹る時代になりました。一番、近しい疾病といってもいいほどです。このガンですが、驚くべきことに健康な人でも一晩寝ている間に・・・

 

 

Top