« home

風邪薬よりも効くと証明されたハチミツ。風邪の引き始めや喉の痛みに最適な「大根ハチミツ」を(再掲)

大根ハチミツ ネパール野生種ハチミツ

季節の変わり目、風邪引きには「大根ハチミツ」が喉の痛みを和らげる

季節の変わり目は、風邪引きさんが多く出ます

ハチミツの素晴らしさに関しては、以下の記事などで紹介させていただきました。

季節の変わり目は、風邪を引きやすく体力が低下しがち。風邪を引いた時は天然の抗生物質ハチミツがオススメ



または、、、

驚異のハチミツパワーとは!抗菌・殺菌力バツグンのハチミツの効力をご覧ください!


ハチミツは、咳止め薬などよりも風邪の症状改善に優れていると照明されています

これは、オックスフォード大学の医学部が発表した論文です。

オックスフォード大研究:上気道感染症においてハチミツは標準治療より症状を改善する

ハチミツについて、オックスフォード大学医学部のHibatullah Abuelgasimさんのチームは上気道感染症を対象としたシステマティックレビューとメタ解析を実施し、抗ヒスタミン薬、去痰薬、咳止め薬などの標準治療群に比べ、複合的症状スコアや頻回・重度の咳においてハチミツ群の方が症状改善に優れていたと結論付ける論文を発表しました。

上気道感染症においてハチミツは標準治療より症状を改善する



ハチミツは、喉や鼻に炎症が起きることを「急性上気道炎」の症状をどの薬よりも抑えることができる

のです。



ですから、

これからは風邪薬に頼らず、ハチミツに頼りましょう!
大根ハチミツ





このハチミツには、以下のような3つの働きがあります。

  1. 喉の炎症を抑える
  2. 咳を止める
  3. 抗菌作用がある





ということで、

以前も紹介させていただいた
風邪を引いたときには「これ!」というものを再掲します。

大根ハチミツの作り方

大根ハチミツは、昔から風邪を引いたときの喉の痛みに良いと言われてきました。

この素朴な「大根ハチミツ」が、ハチミツの効能の高さをオックスフォード大学で証明されて、さらに注目を集めています。

大根を1cm角のサイコロ状切ります。
容器に入れて、はちみつをひたひたに入れます。
大根ハチミツの作り方は、たったのこれだけ
分量は適当で大丈夫ですが
大きな容器で作ると意外とたくさん出来るので
小さめの容器で少量ずつ作ることをおすすめします。

蓋をしてひと晩置いておきます。

この頃涼しいので、常温で放置。





注意点として

大根はそのまま入れておくと、臭いが移るので取り出します。

また、、、

2~3日内に食べきるようにしてください。

取り出した大根は、そのまま食べても美味しいです

飲み方は

大根はちみつは、ティースプーンで1〜2杯を1日2〜3回飲みます。

そのまま飲んでも良し
お湯で割って、飲むと体が温まります
風邪には、ハチミツを

 





 





ネパール野生種ハチミツ500g3個セット
ネパール野生種ハチミツ:ネパール野生種ハチミツ500g3個セット:5,832円

 





 





 





 





タロ

久永 広太郎(ヒサナガコウタロウ)

あいがとや店主。有限会社グランパティオ代表。グラフィックデザイナー。アートディレクターを経て情報誌「パティオ」を発刊し自然災害や公害問題、健康被害などの問題に目覚める。週末は、もっぱらアウトドアにひたすら勤しむ。