シンデレラ体重は、急激に死亡率が高まるから危険です。

あなたのBMI値は、

BMIを測ってみよう

あなたのBMIは

BMI値18.5未満 ⇒ 低体重(やせ)
BMI値18.5以上25 ⇒ 未満普通体重
BMI値25以上30 ⇒ 未満肥満(1度)
BMI値30以上35 ⇒ 未満肥満(2度)
BMI値35以上40 ⇒ 未満肥満(3度)
BMI値40以上 ⇒ 肥満(4度)

肥満度の判定基準(日本肥満学会2000)




BMI値 23〜25が、もっとも死亡率が低い

353,422人の成人(男性162,92人、女性191,330人)を対象にしたコホート研究では、BMI 23〜25が、もっとも死亡率が低い

日本の7つのコホート、35万人以上のデータを併せたプール解析による定量評価を行い、BMIの水準が死亡リスクに与える影響を死因別・男女別に推定し、その研究成果を専門誌において発表しました (Journal of Epidemiology 2011年21巻417-430ページ)

痩せすぎているBMI14〜19の死亡率は、1.78倍も高く

  • BMI 19〜21の場合1.27倍
  • BMI 30〜40の場合1.36倍

 





極端な痩せすぎが危ない理由

BMIが極端に低いと、命の危険性が高い。
BMIが極端に低いと、命の危険性が高い。

BMIが極端に低いと、命の危険性が高い。

痩せていると、どんな影響が体と心にでてくるのか

シンデレラ体重なるワードがマスコミでもてはやされました。

この言葉が、若者たちへ悪影響をおよぼしています。

過激な痩せ志向は、身体に悪影響を与え、心と健康をおかします。

それは、、、

  • メンタル面では、拒食症や嘔吐過食症などの栄養失調
  • 出産時には、低出性体重児のリスクが高い
  • 女性のホルモンバランスが乱れる
  • 疲れやすく、疲労回復が遅くなる
  • 栄養が行き渡らない、免疫力が著しく低下する
  • 骨粗しょう症のリスクが極めて高い
メンタル面では、拒食症や嘔吐過食症などの栄養失調
メンタル面では、拒食症や嘔吐過食症などの栄養失調



ホルモンバランスにも乱れが

極端なダイエットで、女性ホルモンのバランスを崩し、生理の周期に影響しますし、生理不順をおこします。

  • 悪化すると不妊になることも
  • エストロゲン減少による動脈硬化が進行も

 

過激なダイエットは、疲れがひどい。

痩せは、筋肉が少ない状態。

綺麗な姿勢は、筋肉があることで保つことができます。

しかし、筋肉がないと弱々しくみえます。

断食して体重が落ちるのは、筋肉が落ちること。

脂肪分が落ちていることではありません

筋肉がないことで、疲れやすく、疲労回復がとても遅くなります
筋肉がないことで、疲れやすく、疲労回復がとても遅くなります
筋肉がないことで、疲れやすく、疲労回復がとても遅くなります

 

免疫力が低下

筋肉が少ないと、からだに行き渡る血液が乏しいことです。

これは、、、

【冷え性や肩こり】などが起こりやすくなります。

血液の循環が不良で起こることは、肌のくすみと乾燥肌

栄養が、身体中を巡らないことで、、、

  • 著しい免疫力の低下
  • 感染症のリスク(ウイルスや細菌になどによる)

これは、多くの疾病を作り出します。

 

骨がスカスカ、骨粗しょう症になる

骨粗しょう症を患っている人の8割は、女性。

多くの骨粗しょう症は、閉経後に発症します。

骨密度は、簡単に増やせません。

ですから、若い頃からの運動や食事に気を配ることで、
健全な体を作られるのです。

これは、、、

10代の頃からしっかりと骨を作ることが大切です。

なぜなら、、、

10代の年代が骨の密度が多くする大切な時期だから。

骨密度が少ないと、カンタンに骨折をするようになります。

さらに、歩行などができなくなる可能性もあります

 



精神面では、栄養失調(拒食症や嘔吐過食症などの)が

過剰なダイエットに走ると、、、

拒食症や嘔吐過食症、拒食症からの過食症を引き起こします。

また、食欲をコントロールできなくなるのです。

痩せたり太ったりをくり返す「ヨーヨーダイエット」の死亡のリスクは、3.5倍

体重を5kg以上減らした後で元に戻した女性は、体重が安定している女性に比べ、心臓突然死のリスクが3.5倍に高まる

 



激やせ女性は、低出性体重児のリスクが高い

結婚してめでたく妊娠しても痩せすぎの人は、低出生体重児リスクが高い。

  • 妊娠は、栄養をたくさん必要するので、栄養の無さは、胎児の成長に影響がでます
  • 低出生体重児の危険性(早産でもないのに)

この危険性は、、、

低出生体重児の危険性は、成人なってから生活習慣病になる危険性が6倍に

健康的な体重になること。
それが、今からも将来も、健やかな人生を送れること。

 





 











ヨーヨーダイエットを防ぐ

ダイエット目標は、せめて1カ月に0.5キロ~1キロを目標にしよう。

ヨーヨーダイエットでは、短い間に体重の激減を求める人が多いのです。

これは、、、

  • 1日に1食ダイエット
  • 毎日1時間走る

などの試行錯誤を行うことでウエイトが減ります。

それがバネとなり、極端な生活に陥ることがあるのです。

  • だいたいこういう時は、長続きせずにリバウンドしやすいのです

なので、急激なダイエットは行わず、しっかりと気持ちを据えて、ダイエットに挑むことが寛容です。

BMI値は、、、

BMI計算式 BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)

  • BMI値23〜24.9の値の人が男女とも長寿

これは、日本人だと、ちょっとふっくらしている感じの人

肥満の人よりも、痩せている人のほうが死亡率は高いのです。それは、高齢者になればさらに強くなります。

ダイエット目標は、1カ月0.5キロぐらいがちょうどいい
ダイエット目標は、1カ月0.5キロぐらいがちょうどいい

ダイエット目標は、1カ月0.5キロぐらいがちょうどいい

と、いうことになります。

ヨーヨーダイエットのような急激な体重の増減は、さらに太りやすい身体になるし、健康被害や脂肪のリスクが高くなるのでやめましょう

 





ではでは。