機能性ディスペシア

「とくに症状はありません」と診断されても病名がついてしまうストレス性の病気たち

ストレスからくる病気だけれど、「異常はない」といわれる3つの病名とは

以下の3つの病気をご存じですか?

  • 非びらん性胃食道逆流症( NERD)
  • 機能性ディスペプシア( FD)
  • 過敏性腸症候群( IBS)

この3つの病気は、ドクターに診てもらっても「とくに異常はありません」といわれてしまいますが、、、

不思議なことに、しっかりと病名だけはつく病気です。

非びらん性胃食道逆流症( NERD)とは・・・

【非びらん性胃食道逆流症】は、、、

30年前に比べ罹患率は10倍で新国民病といわれいます。

予備軍を含めると1500万人で、、、

胸やけなどの症状に悩む人はいまや3人に1人とされています。

 


機能性ディスペプシア( FD)とは・・・

その昔は、病院に行くと「慢性胃炎ですね」とかいわれていました。

「症状の原因となる明らかな異常がないのに、慢性的にみぞおちの痛み(心窩部痛)や胃もたれなどのディスペプシア症状を呈する病気」を指します。
日本消化器学会ガイドラインより

日本人の4人に1人は、罹患しているといわれています。

 


過敏性腸症候群( IBS)とは・・・

消化器科を受診する人々の2割から3割はこの【過敏性腸症候群】だといわれています。

とくに女性に多いのが特徴です。

また、先進国では、【約15%】が罹患しているといわれます。

 


この「異常がない」といわれる疾患から解放されるには・・・

この3つの不思議な病気に共通するのは、、、

ストレスです!

ですから、私たち現代人は「ストレス」から解放されることが、大切なこととなります。

3つの現代病は、重なり合っている
重なり合う3つの不思議な病気

 


ストレスを解消させるには、理想の1日が大切

普通の日常生活を送っていても「ストレス」は起こります。ですから、ストレフがない生活というのは、まず考えられません。

ですから、、、

少しでも「ストレスのない生活」を送るように心がけて行動することが大切です。

そのためには、、、

規則正しい生活時間がストレスを解消する

ストレスを軽減するには、以下の3つが大切です。

  1. 生活習慣を見直す
  2. 食習慣を見直す
  3. 身体を動かして丈夫にする

とくに、睡眠が大切なものになります。

というのは、、、

  • 睡眠時間が、7時間、8時間の人は、もっとも肥満が少ない

と、いわれているのです。

ですから、しっかりと睡眠をとることが大切です。

深い睡眠を得る方法とは

深い睡眠を得るには、以下のことが大切になります。

  • 決まった時間に起きる
  • 軽い運動をこころがける
  • 太陽の光を浴びる

当たり前といえば、当たり前の話ですが・・・

早起きをすれば自然と、夜の早い時間帯に眠くなります。

ですから、アクティブな1日を心がけて行動すれば、ストレスのない生活が送れるようになるのです。

 





ぜひ、チャレンジしてください。