さぁ。水を飲みましょう。

地球上で全てを中和してくれて、全てを流して綺麗にしてくれるもの。
それは、「水」です。

水は、生きものの根源です。

どれくらい飲むべきか

水は、1日どれくらいの量を飲むのが良いのでしょうか。

最近の研究では、比較的運動の少ない人は1日2.3リットルで、結構な運動をする方は、1日3.3リットルは必要だといわれているようです。

食事でも水分が摂れます。
食事から摂れるだいたいの水分量は、およそ1.5リットル以上。

特に私たち日本人は、お味噌汁など食事から水分をたくさん取る習慣があるため、水を飲むと言ってもそんなに大量に飲む必要はないようです

朝食

赤ちゃんの時は、ほとんどが水で満たされています。
が、加齢と共に水分はどんどんと少なくなってきます。
成人で60%ぐらい。

臓器は、水分をたくさんと必要とするために80%と水分含有量は多く。

皮質は、年を取るとカサカサで、、、その水分含有量は、50%ぐらいとか。

主な水の働き

水は身体に必要だということは分かりますが、具体的には溶解・運搬・体温調節が主な仕事。

食べた物を栄養が吸収しやすいように分解し代謝させる。
代謝したものというのは、水に溶けた状態になっています。

血液の働きも水です。
血液やリンパ液は体内の物質をくまなく運び、不用になった排泄物・老廃物も尿などにして流されます。

体温を調節しているのも水。比熱とは、1グラムの物質を1度上げるのに必要な熱量を指します。
そういった観点で見ると水は、温まりにくく冷めにくいので体温調節には打って付けの物質といえます。

水の働き

水を飲まないと、、、

人は、断食しても一月は生きていられるようです。
ですが、
水を飲まないと2、3日で死んでしまいます。

身体のたった2%の水がなくなっただけでも・・・

めまいや吐き気。
食欲がなくなり、、具合が悪くなります。

10%に至ると・・・

失神、痙攣が引き起こされ、、、ついに20%では生命の危機が襲ってきます。

熱中症や脳梗塞、心筋梗塞などなど
水分不足から派生する怖い病気になってしまいます。

人は、解毒との闘い

私たちは、生きていくために食べ物を摂ります。
食餌は、生命維持に必要な行為と同時に体にとっては毒でもあります。

  • 酸素が活性酸素に変化して体にイタズラをする。
  • 野菜の農薬。硝酸塩。
  • 肉の抗生物質や着色料
  • 肉をたくさん食べる → 大腸癌の高リスク
  • 魚のダイオキシンや水銀。
  • 大量の添加物。などなど、必要である食物と同時に毒も一緒に摂取しています。

これらの解決方法は、一つしかありません。『より多く排便し、より多く排尿すること』。排便を良くし(便秘は、腐敗菌が増殖して有害物質を作り悪臭便に)、代謝を良くすること。たくさんの水分を摂り、より良く排泄することが大切です。




セルラキッス

アルカリイオン水を飲みましょう

アルカリイオン水は、電気分解の−極側にできるお水で、まろやかで口当たりがとても良いです。
胃腸の調子を整える効果があるほか、素材の持ち味を上手に引き出すので、あらゆる料理の味を驚くほど美味しく引き立てます。