ビッグマックと同じカロリー量の食べ物比べ【やっぱり和食がいいよ】

ビッグマックと同じぐらいのカロリー食べ物とは

ビッグマックのカロリー量は

ビッグマックとコーラ(M)にマックフライポテト(M)は、定番メニューですね。

苦しいダイエット中にこんなのが目に飛び込んできたら、誘惑に負けそうです。

が、ビッグマックのカロリー量とコーラ(M)にマックフライポテト(M)のカロリー量を知れば、さっぱりとあきらめられるでしょう。

1日のカロリー量の半分以上のビッグマックセット

  • ビッグマック1個のカロリー量は、545kcal
  • コーラ(M)は、127kcal
  • マックフライポテト(M)は、454kcal
  • 合計カロリーは、1,126kcal

厚生労働省の推定エネルギー必要量で29歳女性が、2,000kcalですから、ビッグマックセットだけで56.3%になります。

ごはん1杯のカロリーが168kcalですから、ビッグマック1個の545kcalと比べて、3.24倍。ご飯を3杯は食べられないですよね。

と、いうことで、このビッグマック1個の545kcalとほかの食材を比べてみたいと思います。

ビッグマック1個の545kcalと同等のお料理は

以下、カロリーSlismさんより

ビッグマック対焼きそば一皿:469KCAL → 289.9G

150gの中華麺を使う焼きそばのカロリーは、ソース味の焼きそば469kcal、海鮮焼きそば482kcal、塩やきそば557kcal、トッピングの熱量が高いあんかけ焼きそば745kcal、麻婆やきそば696kcal、和風テイストのタラコ焼きそば456kcal、バター醤油ヤキソバ616kcal、洋風カレー焼きそば563kcal。

ビッグマック対パスタ類

ツナパスタは、597kcal。スモークサーモンの冷製パスタは、意外と高く678kcal。ウニパスタは、536kcalとビッグマックとほぼ同じぐらいです。

ビッグマック対そうめん

そうめんは、圧倒的にヘルシーのように感じますが、1人前270gは、343kcal。ビッグマックの約63%になります。

納豆そうめんすると、554kcalでほぼビッグマックと同じ。
とろろそうめんも535kcalで、同じぐらいです。

ビッグマック対うどん

うどん一玉230gとすれば、242kcal。ビッグマックの半分ぐらいのカロリーです。卵を入れて月見うどんにすれば、416kcal。

やはり油を使う「皿うどん」だと一皿523.5gで、644kcal。ビッグマックを超えてしまいます。
しかし、ビッグマックセットが[1,126kcal]ですから、皿うどんのほうが約半分なので、まだまだ良いですね。

ビッグマック対蕎麦

蕎麦1人前茹で上がり260gでは、296kcalとヘルシーです。これにいろいろとトッピングします。

  • きつね蕎麦:512kcal
  • カレー蕎麦:553kcal
  • タヌキ蕎麦:427kcal
  • 天ぷら蕎麦:495kcal

天ぷら蕎麦が、ビッグマック1個に近づいてきました。

因みに、カロリーの高そうな卵が上に乗って、マヨネーズが格子状にふりかけてある「オムソバ」は、、、

オムソバ:630kcal

ビッグマック対パン

食パン6枚切り1枚のカロリーは、158kcal。これをベースに考えると、、、

  • ピザトースト121.5gで、300kcal
  • カレーパン124.04gで、358kcal
  • ホットケーキ2枚242gで、644kcal
  • メロンパン1個81.6gで、276kcal

メロンパン2個とビッグマック1個がだいたい同じです。

ビッグマック対トンカツ

トンカツ1枚134.6gで、463kcal。トンカツ定食は、ご飯と味噌汁と小鉢がついて、914kcal。
それでもビッグマックセットよりは、低カロリーです。

カツカレーは、ビッグマックセットほぼ同じで、1,103kcal。

やはり油ものは、カロリーが高く出ます。

ビッグマック1個は、ずいぶんカロリーが高い

何を食べるかは、その人の自由ですが、ことダイエットのことを考えると、ビッグマック1個の量は、ずいぶんとほかの食べ物と比べると1つで高カロリーだということが分かります。

チーズバーガー1個が303kcalなので、、、

  • チーズバーガー1個のカロリー量は、303kcal
  • コーラ(M)は、127kcal
  • マックフライポテト(M)は、454kcal
  • 合計カロリーは、884kcal

それでもけっこうなカロリー量です。そもそもマックフライポテト(M)454kcalというのが幅をきかしていますね。

この組み合わせは、やはり油をたくさん使っていますから、良いとは決していえませんね。

 










やっぱり和食がいい。スローフードの良さ

このようにビッグマックと他の料理を比べると、ビッグマックにおけるカロリー量は半端ないことがわかりました。

そして、カロリーだけではなく、栄養の質も大切です。

それは、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」をきめています。「エネルギー産生栄養素バランス」として各栄養素から摂取するエネルギー量の比率の目標値があり、たんぱく質:13~20%、脂質:20~30%、炭水化物:50~65%、摂取すること。

そして、問題の脂質ですが、7%との割合が目標値になっています。

たとえば、、、

トンカツ定食[ご飯に味噌汁、ほうれん草のおひたし]という組み合わせだと、、、
脂質45.1% 飽和脂肪酸12.9%

アジフライ定食[ご飯に味噌汁、ほうれん草のおひたし]という組み合わせ
脂質31.0% 飽和脂肪酸4.8%

ヒレカツ定食[ご飯に味噌汁、ほうれん草のおひたし]という組み合わせ
脂質27.9% 飽和脂肪酸4.3%

同じトンカツ定食でもロースとヒレだと、飽和脂肪酸3分の1になって「ヒレカツ定食」がずいぶんヘルシーです。脂質も約半分に抑えられています。

どうように同じフライものでもアジフライは、ロースカツ定食と比べて、飽和脂肪酸はほぼ3分の1。脂質も10%さげています。

食材によってこんなにも変化します。

  おすすめの肉 控えたい肉
ヒレ肉:185Kcal   もも肉:181Kcal 肩ロース:18Kcal バラ肉:454Kcal
ヒレ肉:115Kcal 肩肉:171Kcal

もも肉:148Kcal

ロース:236Kcal バラ肉:386Kcal
ささみ:105Kcal むね肉(皮なし):108Kcal もも肉(皮なし):116Kcal もも肉(皮つき):200Kcal 皮のみ:513Kcal

脂身が多いほど、飽和脂肪酸は多くなります。

飽和脂肪酸の多い主な食品(100gあたり)
カップラーメン8.72g
あんこうの肝8.23g
鶏皮16.30g
生クリーム27.62g
無塩バター52.43g

ビッグマックを例にとって、話を進めましたが、カロリーや脂質のことを考慮すると、やっぱり和食が身体によいといわれるのが良くわかります。