基礎体温を上げて、ダイエット

効率良くダイエットをするために

巷でよく聞くのが、有酸素運動と無酸素運動なら

どっちが効率良く痩せるのか?
という話。

結論からいうと、、、どちらも正解でどちらも不正解。

大正解は、、、

無酸素運動をした後に、有酸素運動を取り入れること

これが正解です。

有酸素運動だけでは、脂肪燃焼するのに15分間とか20分間とか時間が必要ですが、

有酸素運動の前に無酸素運動をすれば、

開始からわずか5分から10分で脂肪燃焼が始まります。

だから、筋トレをやった後にランニングを行うととても効率的です。

さらに、大切なことは、、

こういった運動をすることで、基礎体温が上昇します。
現在の成人病の多くは、低体温からくる疾病です。

基礎体温を上げることで、免疫力がとてもアップします。

基礎体温が1℃上昇するだけで30分もウェーキングした効果が見られます。

血液もサラサラになり、肌の艶もよくなります。
免疫力は、5倍から6ば倍にもなるんです。

加齢と共に成長ホルモンは、減少していきます。
が、この基礎体温を上げることを務めて、
トレーニングをすることで、減少していく成長ホルモンを増やすことができます。

成長ホルモンが増えれば、ダイエットはしやすくなるのです。
さらに、女性にとって嬉しいことは、、、
冷え性が改善されること。

これは、大きなメリットになりますのでぜひ今日からトレーニングを始めましょう。

そして、さらに効率的なトレーニングは、

足腰のトレーニングです。
筋肉の7割は、下半身にあります。

ウォーキングをすることが非常に効率的だといえます。

低体温も解消し、冷え性も改善されて、ダイエットもスムーズになるのでおすすめします。