UV日焼け止めが、珊瑚礁を殺しています。

これから夏になります。
海へ行って泳ぐことが多くなります。
が、、、

私たちが何気なく使っている日焼け止めクリームが、珊瑚礁を殺しているという事実をご存じですか?

かくいう私もまったく知りませんでした。NHKニュースで知ったのです。
そして調べたらたかが日焼け止めクリームで海が大変なことになっていました。

写真は、「マーシャル諸島ブログ」を展開している上田さんから拝借しました。

「マーシャル諸島ブログ」

驚いて調べてみたら、悲惨なことになっています。

1、パラオ諸島では、有害な化学物質を含む日焼け止めを使用禁止

2、アメリカハワイ州、サンゴに有害な日焼け止め禁止

3、日焼け止め、世界のサンゴ礁に有害作用

上記で紹介した、「マーシャル諸島ブログ」の上田さんの記事では、以下のような日焼け止めクリームの影響を紹介してくださっています。

【UV日焼け止めに使用されている成分が、サンゴの白化現象の原因なのです。市販のUV日焼け止めクリームを1ppm含んだ海水中でサンゴを飼育するといった実験をしたところ、たったの4日でサンゴが完全に白化したそうです。】

影響を与える成分。「マーシャル諸島ブログ」さんより。

成分

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル):Paraben

・殺菌防腐剤であり、あかちゃんのおしりふきや化粧水に含まれる成分。

ベンゾフェノン:Benzophenone

・医薬品合成原料、保香剤、紫外線A波及びB波の吸収剤とされている。

桂皮酸:Cinnamate

・紫外線B波の吸収剤として使用。芳香族不飽和カルボン酸に分類される有機化合物である。

カンファー抽出物:Camphor derivative

・カンファーの効能はその刺激作用によって、体を温め、血圧を上げ、こりや痛みを鎮め、主にスーっとする香料として使用。

※ 渇虫藻 Zooxanthellae:ゾオキサンテラ

上田浩彰(うえだ ひろあき)さん撮影

南国や遠い地域での出来事ではありません。

BBCニュースでは、このような記事を紹介しています

毎年、6000~1万4000トンもの日焼け止めが人の皮ふから洗い流され、サンゴ礁にたどり着いていると推計されている。研究者によると、最も危険なオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれている日焼け止め製品は数千点に上る。

5年前の推計では全体の75%、現在でも約半分の日焼け止めクリームやローションに、これらの成分が使われているという。

キレイな海を守るためにも、日焼け止めクリームはようく注意して選ばなければいけません。

一人一人ができることをやれば、、、

美しい生態系も守れるでしょう。