ちょっとだけ食品添加物を考えてみる

前回のブログで紹介した中戸川貢さんのお話しが、
とてもショッキングだったので実際にコンビニに行き、調査してきました。

『あいがとや』ブログの読者なら、ほとんど添加物に対しては知識が豊富だと思いますが、
お復習いのつもりで、、、

今回取り上げた食材は、「梅干し」

梅干しは、作り方が一番シンプルなものなので、取り上げてみました。

しかしその実態は、

驚くべきものでした!

本来梅干しは、

原材料/梅、食塩、しそ

たったこれだけの材料でできているはずです。
塩分濃度も20%近いはず。

ですが、、、

コンビニエンスストアで売られているモノは、

原材料/梅、漬け原材料〔還元水飴、食塩、醸造酢、蛋白加水分解物(大豆を含む)、液体和風だし〕/酸味料、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1、甘味料(スクラロース)
塩分濃度:約7.4%

この原材料の中の

スクラロースは、砂糖の600倍の甘さ。
スクラロースのメリットは、
マスキング効果やフレーバーエンハンスなどがある一方で、

動物実験による結果では流産、成長阻害、卵巣収縮、赤血球の減少などの研究データが出ているようです。

ビタミンB1は、保存料としての働きをがあるようです。

 

 

 

ひとつひとつ取り上げていくと、とんでもないことになりそうですね。

中戸川さんが、お話ししていた味覚破壊トリオの化学調味料、蛋白加水分解物、酵母エキスが入っています・・・

単なる梅干しなのにと思います。

私たちは、食品の善し悪しをよく吟味して購入するべきだと思った次第です。

 

「紀州の梅」と書いてあると、ついつい手に取りがちですが、
既にここまで加工されてあると、、、

本来の姿は、失われているように思えます。

難しい問題です。

 
 
 
 
 

参照サイト:健康野菜ナビ:その梅干しは添加物まみれだけど本当に食べたいですか?