美味しいチャイで一息つきましょう。

インド生まれのチャイで、豊かな時間を過ごしてみませんか。

チャイは、一般的にはミルクティと思われますが、
ミルクに加えてスパイスやハーブが入っていて、
その香りの効果やスパイスの効果で何かと健康面でも優れた飲み物なのです。

チャイの発祥は、一説にはイギリス植民地時代に生まれたとされています。
紅茶が大好きなイギリス人は、大量の紅茶をヨーロッパに持って行きました。

残ったのは、苦くて美味しくないお茶のクズばかり・・・
そこでミルクや地元のハーブ、
そしてカレーなどに使うスパイスを駆使して
何とも見事な美味しい飲み物に変化させたのです。

それがチャイ。

『あいがとや』のチャイパックには、6種類のスパイス・ハーブが、入っています。

しょうが:スッキリした後味
シナモン:甘い香り
ナツメグ:コクのある味わい
レモングラス:爽やかな香りと味
クローブ:スパイシーな風味
カルダモン:上品な香り

作り方は、簡単です。

二人分の作り方をご紹介します。

材料:
・チャイパック 2つ
・お水と牛乳(豆乳もおすすめ) 各150cc
・お砂糖かオリゴ糖 適量で

最初にお水にチャイを入れて、沸騰させます。
その後、牛乳(豆乳)を入れて煮出します。
あまり強火にしないのが決め手です。

上手に煮出したらできあがり!!
チャイパックを軽くしぼって取り出します。

ハーブの香りとスパイスが絶妙にきいて、
休憩のお供になりますよ。

チャイは、辛いカレーにもよく合いますので
辛さをまろやかにするのでカレーを食べる時には必需品かも知れません。

『あいがとや』のチャイパックは、【 ここで 】