話題の「皇帝塩風呂」がすごい!体の芯までぽっかぽかでお肌もつるつるに♪

「皇帝塩風呂」がひそかに話題になっているようです。

リピーターが多い、美味しい天日塩の「皇帝塩」を

贅沢にひとつかみ、湯船に入れて入浴剤として使う「皇帝塩風呂」。

元々、塩には保温効果があり、入浴剤の中には「バスソルト」もありますよね。

そのなかでも「皇帝塩風呂」がそれほど良いと言われている理由が気になります。

実際に「皇帝塩風呂」を体験してみて、その使い心地をお知らせいたします!

 

まず、浴槽に8分目くらいまでお湯を張った湯船に

皇帝塩を大まかにひとつかみ入れます。

そして、お湯を混ぜて入浴します。

湯温は41℃に設定。(季節は2月上旬の寒い時期です)

最初にお湯に入ると「お湯がやわらかい。滑らか。」と感じました。

5分ほどすると、体がポカポカしてきました。

その後、10分くらい経つと汗が出てきました。

いつもなら汗をかき始めると、のぼせそうになるので一旦お風呂から出るのですが

皇帝塩風呂はのぼせるような感じはなくポカポカしています。

入浴しながら体をマッサージしていると、

いつもより肌がすべすべしているように感じます。

気が付いたら、そのまま30分も湯船に浸かっていました。

驚いたことに、30分以上経過しても湯温が40℃を保ったままです!

2月の一番寒い時期にお風呂のフタもせずに30分入浴していて、

普段ならどんどんお湯が冷めていくのに、下がらないことにびっくりしました。

 

汗をたくさんかいたという感覚はあまりありませんでしたが

お風呂から上がると、すごく喉が渇いていたので水分を多めに取りました。

 

入浴後は、寝るまでずっと体がポカポカしていて、

体の芯まで温まっている感じです。

 

最近は、市販の入浴剤をよく使っていましたが、

お風呂から上がるとすぐに冷えてしまっていたので、

保温効果がまるで違うことに驚きました。

それと、入浴中に感じた肌のすべすべが、

入浴後に何も付けなくてもすべすべが続いていました。

冬は乾燥しやすいので、乾燥がひどい時はクリームなどを塗ったり

していたのですが、何も付けずに平気です。

 

今回「皇帝塩風呂」に実際入ってみて、

保温効果のすごさにびっくりしました。

そして、市販の入浴剤よりも皇帝塩の方が体の芯から温まって

湯冷めもしにくいことを実感しました。

すごいです!

 

体感には個人差もあると思いますので、

ぜひ、みなさまにもこの保温効果を体験してみてほしいです。

 

「皇帝塩風呂」について調べてみると、

「塩風呂」というものは浄化作用があるようで

塩の浸透力によって塩分が体内に浸透し、

汚れた体液(老廃物)を体外に出してくれる作用があるのだそうです。

老廃物は体外に放出されるので、お湯の表面に汚れが浮きます。

病気があったり、長年薬を飲んでいる人などは体内に毒素が多いので、

何ヶ月もお湯が汚れてしまうのだそうです。

参考:KCSセンター(皇帝塩の使い方その2)
http://kcs-center.jp/ibogawa/333/

 

最後に、お風呂で塩を使うのでサビが心配ですが

「皇帝塩」は鉄の表面を酸化鉄ではなく二価鉄に変えるそうで

赤錆とは違い、金属をほとんど傷めないのだそうです。

参考:皇帝塩ドットコム
http://www.kouteien.com/qa.html

 

まだまだ寒い日が多くて、お風呂がほっとします。

「皇帝塩風呂」おすすめですよ〜

 



皇帝塩はこちらで販売しています。