天日干しの海塩「カンホアの塩」が入荷しました。

 

ベトナムのカンホアで、海水だけを塩田で天日干しにした

 

「カンホアの塩」が新入荷しました!

 

 

ベトナムの中南部に位置する「カンホア」は、

100年以上前から天日塩を作っている塩の町です。

 

元々、天日塩は作られていたところに、

1920〜30年頃、ベトナムがフランス領インドシナ時代だった頃、

フランス人によって、当時のフランス式天日塩田が作られ、

その結果、生産効率がぐんと上がり、カンホアは天日塩の名産地となったのだそうです。

 

 

カンホアの塩は、昔ながらの塩田で、

電動のポンプと石臼以外は、職人さんがすべて手作業で塩を作っています。

 

 

 

 

この塩田の仕組みは、現在のフランス・ブルターニュ地方(ゲランド)のものとほとんど同じなんだそう。

フランス人が残した塩田の技術や経験を自分たちのものにして

現在の「カンホアの塩」が作られています。

 

 

 

 

カンホアの塩は、きれいなベトナム・カンホアの海水100%でできています。

海水から完成までは、およそ2〜3ヶ月。

人工的な加熱はせず、天日だけでゆっくりじっくり結晶化させます。

 

 

海水全体には、様々な成分が含まれています。

塩を塩田から収穫した後も、天日に干して

太陽のパワーで乾かします。

 

 

そうして出来た塩の結晶は

そのままでは溶けにくいので、使いやすいように

昔ながらの石臼で細かく挽いて出来上がっていきます。

 

 

 

右が結晶のまま、左が石臼挽き。

 

 

カンホアの塩をいただくと、ほのかな甘味や独特のうま味を感じると思います。

でも、海水には甘味やうま味成分はありませんから

海水の様々な成分が織りなされて、深く豊かな味を作っているんでしょうね。

 

素材の味を引き立てるので、お料理がより美味しく、楽しくなりますよ〜。

 

 

 

 

カンホアの塩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share

コメントを残す