体温35℃台が危ない!3割しか知らない体温の正しい測り方

最近は、体温が35℃台という

低体温症の人が非常に増えています。
「私、平熱が低いの〜。35℃台よ〜」なんて方は要注意です。

 

平熱35℃台がどうして問題なのでしょう?

 

その理由は・・・
1)低体温だと、免疫力が下がります。
体温が1℃下がると、免疫力は30%下がります。

 

2)代謝能力も下がり、疲れが取れにくくなります。
肩こりや胃腸の不良、疲れやすいなどの症状が出やすくなります。

 

3)免疫力と代謝が下がることで、様々な病気になりやすくなります。
平熱が低い人は「ガン予備軍」と言われ、ガン細胞は35℃前後の体温を好みます。

 

 

もう少し詳しく知りたい方は、「あいがとや新聞:2016年11月号」をご覧くださいね。

低体温は要注意! 体温が35℃になると免疫力が急激に低下する!


ということで、体調不良や病気になりやすい状態である、ということなんです。

 

なんとなく体調悪いな〜、とか

 

最近、疲れが取れないな〜、なんて方は
平熱を測ってみて、低体温症になっていないか確かめましょう。

 

 

ところで、みなさんは、平熱の計り方を知っていますか?
そもそも、平熱ってどういう定義?と、

 

今さらですが、ギモンに思ったので調べて見ました。
知ってるよーという方はスルーしてくださいね。
数日間、同じ時間帯に測って平均値を出したのが「平熱」ということでした。

 

体温は、一日中一定ではなくて、

 

朝の寝起きが一番低く、午後、お昼過ぎが一番高くなるんだそうです。

 
平熱を測る際には、注意点として、食後は体温が上がるので、
食前か食後2時間以上経ってからの計測が良いそうです。

 

 

 

こちらから1ヶ月用の平熱チェックシートがダウンロードできますよ。

テルモHP:1か月用平熱チェックシート
http://terumo-taion.jp/temperature/tool/02.html

 
平熱の定義を調べていたら、
体温の正しい計り方があることを初めて知りました!

 

 

約3割の人しか、正しい体温の計り方をしていないそうです。
みなさん、知っていました?
いつも体温計を上に向けて測っていましたが、、、、

 

 
正しくは、下向きなんだそうです!

 

 

 

どうですか?
できていましたか?

 

 

体温が低いって、良いことではありません。
毎日の食生活からカラダが作られているので
普段の食事は、とっても大切です。

 

 

そのなかでも、体に必要不可欠な「ミネラル」は
今の野菜からは摂りにくくなっています。

 
50年前の野菜と比べると
ミネラルの量が半分になってしまっている野菜もあります。

 

 

ミネラル不足は、体の様々な不調の原因になります。
そもそも、ミネラルは体内に4%しかありませんが
そのたった4%が無くなると、人は生きていけないのです。

 

 

平熱の低い方は、ミネラルを毎日摂って
免疫力向上を目指しましょう〜!

 

 

ミネラルくんなら、1回5滴を水で薄めて飲むだけなので

 

簡単にミネラル補給ができます。

 

 

 

 

野菜から摂りづらくなったミネラルを
手軽に補えるのでおすすめです。

 

 

 

 

ライター/エディター
こん

Share