満腹になると白血球の働きが半分まで減少し免疫力が下がる!!

満腹は免疫力が低下する!
いつもお腹いっぱいは赤信号

 12月から1月にかけては、よく飲んだり食べたりする機会が増えますね。食べ過ぎて胃腸が疲れていませんか?
 連日食べ過ぎが続いて、いつの間にか風邪をひいてしまっていたり体調を崩したりしていませんか?実は、私たちの体は、満腹になると免疫力は下がるんです。
 私たちの体の機能として、満腹時ではなく空腹時に最も免疫力が上がります。その理由は、空腹状態が続くと血液中に糖や栄養分が少なくなり、白血球も空腹状態になります。そのため、体内に侵入してきた細菌やウイルス、がん細胞までも勢いよく食べてくれるからです。
 逆に満腹状態が続くと白血球がお休みモードになり、働きが2分の1まで低下します。すると、細菌や有害物質に対抗する力が弱くなるので病気にかかりやすくなるのです。

 

空腹が免疫細胞を活性させる!

 病気をすると「しっかり食べて栄養をつけなさい!」とよく言われますが、病気で食欲が落ちている時は、白血球が力を強めて病気と戦っている時なのです。病気の時に食欲が落ちることは、人間に備わっている自然治癒力が働いているということに他ありません。ですので、病気で食欲がないときに、無理に食べることは、病気を治すのには逆効果になってしまいます。
 白血球の中にいるマクロファージという免疫細胞も、空腹時に増加します。マクロファージが増えると風邪をひきにくくなったり、がんの発症を抑える効果も期待できます。しかし、体調が悪いとマクロファージは減少していき、亡くなる時にはゼロになってしまいます。
 空腹の時間を作ることで免疫細胞を活性させることができるのです。

 

免疫力を高めるには体を冷やさないことも大事。
ミネラル入浴でデトックス!
体の芯からポカポカに!

 免疫力を高めるために、私たちの体には「何も食べない空腹の時間」を作ることが大切です。他にも免疫力を高める方法は、体を冷やさないこと。腹巻きをしたり、ネックウォーマーやレッグウォーマーもおすすめです。また全身が温まる入浴は非常に効果的です。入浴剤はいろいろありますが、高濃度のミネラル入浴剤を使うと、デトックス効果やミネラル豊富な温泉効果が期待でき、湯冷めしにくく体の芯から温まります。高濃度ミネラル入浴剤「ミネラルくんお風呂(ミニ)」はおすすめです。