家庭内で高齢者が死亡する原因の25%がヒートショックに関係!?

ヒートショックの死者は年間17000人も!
交通事故の死亡者数のなんと3.6倍以上!

冬場の突然死の原因で最も多いのが、近年話題のヒートショックです。ヒートショックとは温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することで、失神したり、心筋梗塞や不整脈、脳梗塞を起こしやすくなるという健康被害です。特に室内と室外の温度差が激しくなる冬場に起こることが多く、お風呂場で入浴中の高齢者に起こりやすくなっています。
東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の1年間で約17000人もの人がヒートショックに関連した入浴中の急死と推計されており、死亡者数は、同年の交通事故死亡者数4611人を3.6倍以上も上回る数値になっています。そのうち8割以上の14000人が高齢者と推測されています。

ヒートショックの影響を受けやすい人の特徴は?

・65歳以上である
・高血圧、糖尿病、動脈硬化を患っている
・肥満気味である
・不整脈がある
・脱衣所や浴室に暖房器具がない
・熱いお風呂が好き
・一番風呂に入ることが多い
・お酒を飲んで入浴することがある

血圧の急上昇、急降下がヒートショックの要因!

ヒートショックを防ぐには、室内外の温度差を少なくすることが大事です。特に体が露出する脱衣所や浴室、トイレなどを温かくしておくと効果的です。
寒い脱衣所で洋服を脱ぐと、体の表面温度が10℃程度下がると言われています。すると毛細血管が収縮し、血圧が上がります。その後、熱いお湯に入ると交感神経が緊張し、血圧がまた上がります。湯船で体が温まってくると、血管が拡張し、血圧は急激に下がります。浴槽から上がると水圧の変化によってまた血圧が下がるという急上昇、急下降を繰り返すことになりヒートショックの要因になります。

今日から出来るヒートショック対策

◎脱衣所やトイレに暖房 器具を置く
ハロゲンヒーターのようにスイッチを入れるとすぐに温かくなる暖房器具が向いています。

◎シャワー給湯で浴室温 度をアップ
手っ取り早く浴室を温めるには、シャワーで浴槽に給湯すると浴室が暖まります。浴室温度を15分間で10℃上昇させることができます。(東京ガス調べ)

◎お湯の温度は低め設定
熱いお湯は心臓への負担が大きいので41℃以下が良い。

ミクアなら湯冷めしにくい温泉効果!

ミネラル入浴剤「ミクア」なら、自宅のお風呂が温泉のような湯冷めしにくいお湯になりますよ。ヒートショック対策にもおすすめ。


入浴剤MIQUA(ミクア) 1L,300ml