風邪を治す薬はありません!! そんな薬があればノーベル賞もの!?

風邪薬で風邪は治らない!?

 風邪を引いた時、あなたは風邪薬を飲みますか? 実は、そもそも風邪薬には、風邪を治す成分が入っていないって知っていました?
 風邪は8割方ウイルスが原因で起こります。でも風邪のウイルスに効果のある薬は、今のところ存在しないのです。
 内科医の内海聡医師(Tokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長)のフェイスブック記事によると「風邪薬は解熱鎮痛薬と咳止めなどの混合剤であることが多い。すなわち解熱薬で体温を下げればウイルスは死ににくくなり、風邪の治りは悪くなり、場合によっては悪化したりする。」と書いてあります。
 風邪薬は、風邪の症状を緩和させるための薬であって、風邪そのものを治すものではないということです。早く治すつもりが、いつまでも長引く原因になってしまうかもしれません。

風邪を早く治すには「食うな、動くな、寝てろ」

 風邪を引いてしまったら、一刻も早く治したいですよね。早く治すためには、当たり前のことですが「休養と睡眠」が一番です。体力が落ちている時は、食欲がなければ、食べない方が体への負担は少なくなります。消化に体力を使ってしまうからです。
 内海医師の記事にも、風邪の患者に一言でいうなら「食うな、動くな、寝てろ」とあります。また、水とミネラルは、しっかり摂るようにとも書いてあります。

風邪を引いたら病院へ行った方がいいですか?

 風邪を引いたら病院へ行くべきでしょうか? アメリカ内科学会(ACP)が世界のエビデンスを集めてまとめた論文では次のように書かれています。

●自宅療養でいい症状
 38℃以下、鼻汁が透明感がある、咽頭痛が軽度、咳が経度。

●病院を受診した方がいい症状
 39℃以上、鼻汁が黄色か緑色、咽頭痛が激しい、咳が激しい、38℃以上で他の症状も見られる時、65歳以上、糖尿病、慢性呼吸器疾患、心疾患、腎臓病などの基礎疾患がある場合。
 その他、心配な場合は受診をおすすめします。(高円寺よしだ内科HPより)

ゆずのビタミンCは柑橘類トップクラス!
風邪予防に最適!

 風邪や風邪の予防には、ビタミンCが強い味方です。特に冬が旬のゆずは、柑橘類の中でもビタミンCの含有量がトップクラス! みかんの2〜3倍、レモンの3〜4倍も含まれます。
 ビタミンCには、ウイルスに対する抵抗力や免疫力を高める効果があるので、風邪予防には最適です。


ミネラルくん 30ml

岩の力 2L,500ml