低体温は要注意! 体温が35℃になると免疫力が急激に低下する!

平熱の低さは危険!
実はガン予備軍!?

平熱が低い人は「ガン予備軍」と言われています。実はガン細胞は35℃前後の温度が大好きなのだそう。医学界でも「ガン細胞の増殖が体温35℃の時にもっとも活発になる」と知られています。
私たちは、熱が高くなることには敏感ですが、低いことにはあまり気にしない人が多いですよね。「私、平熱が35℃台なのよ。低いの。」と普通に言う人もいますが、これは赤信号です。
低体温の人の体は、ガン細胞は元気に活発になり、免疫は本来の力を発揮できないという最悪の状態が続いているということなんです。

体温が1℃下がると免疫力が30%も低下する!

冷えは万病の元と言われ、体温が1℃下がると免疫力が30%低下すると言われています。健康な人の平熱は平均36.5℃ですが、低体温の人は35℃台以下。免疫力が低下するので、風邪や病気になりやすく、体の不調も増えてきます。代謝の低下、肩こり、胃腸の不調、疲れやすいなどの不調は、冷えからくるものも多いです。冷えや低体温の改善には、体を温めることが大事。入浴もそのひとつです。平熱の低い人は体温アップを目指しましょう。

温泉はなぜ湯上がりも温かさが続くのか?

温泉に入ると湯上がりもずっとポカポカしていて湯冷めしにくいと思ったことはありませんか? 温泉は種類も様々ですが、基本的にミネラルが豊富に含まれています。ミネラルには、体を温める作用と肌をコーティングしてくれる作用があります。だから温泉に入った後は、体が冷めにくいんです。

家のお風呂が温泉になるミネラル入浴剤「ミクア」。
湯冷めしないでポカポカ!

自宅でお風呂に入っても、少しすると冷えてきたり、寝る頃には手足が冷たい、ということもよくあります。せっかくお風呂に入ったのに、湯冷めしてしまっては残念。そこで、湯上がりもポカポカが持続するミネラル入浴剤「MIQUA(ミクア)」が優れものです。
ミクアは30種類以上の鉱物ミネラルが入っている濃厚なミネラル溶液です。香料や着色料も無添加。お風呂にたった30ml入れるだけで、ミネラルがたっぷり入った温泉効果を自宅のお風呂で体感できちゃうんです。ぜひ低体温の改善におすすめです。
これから冬本番の季節に、体の芯から温まって温泉の保温効果で湯冷めしにくいのが嬉しいですよ。
冷めたお風呂の残り湯はミネラルがたっぷり入っているので、家庭菜園や植木、鉢植えの植物などにあげると、植物が元気になります。


入浴剤MIQUA(ミクア)1L,300ml