森の7days bath(入浴剤)

森の香りと湯ノ花でつくった入浴剤。
贅沢な7種類の香りをお楽しみいただけます。


森の7days bath(入浴剤)

森の香りと湯ノ花でつくった入浴剤。
クロモジやヒノキ等の yuicaお馴染みの香りに加え
小夏とゆずも加わった贅沢な7種類の香りで
バスタイムをお楽しみいただけます。

アスナロブレンド、クロモジブレンド、ニオイコブシブレンド、ヒノキ、ヒメコマツ、小夏、ゆずの7種類がセットになっています。yuicaのエッセンシャルオイルでお馴染みの香り以外にも「小夏」「ゆず」の柑橘系の香りも入った贅沢な7種類です〜!
湯の花エキスも入っているので温泉気分でお楽しみいただけます♪家で入浴をしながら、爽やかな森の香りと、ツルリとした湯ざわりで、いつものお風呂が森林浴をしながら温泉に入っているかのようです。

ニオイコブシ(匂辛夷)ブレンド

ニオイコブシはモクレン科の樹木で、その名の通り、香りのする枝葉を持ち、その甘い香りは調香師たちをうならせる程。原材料の収集は、環境配慮のため幹を切らず枝葉だけを切り、山奥から運び出しています。このニオイコブシブレンドはヒノキの精油と配合し、ほのかに甘く爽やかな森の香りになっています。ニオイコブシは少し甘めの香りですが、ヒノキを配合することで、甘すぎず、すっきりと男性にも女性にも分け隔てなく好まれる香りになっています。

クロモジ(黒文字)ブレンド

クロモジは、香りの良い木として世界的にも有名なローズウッドとよく似た香りを持っています。その理由は、どちらの木もリナロールという主成分を持ち、香りの良さについては世界的に評価されてるものです。このクロモジブレンドはヒノキ、スギ、モミのエッセンシャルオイルと共に配合しています。

ヒノキ(檜)

木の香りと言えば、多くの日本人が真っ先に思い浮かぶのはヒノキでしょう。古来、ヒノキ葉は腐りにくいということで、神社や仏閣に使われてきました。世界最古の木造建築で世界遺産にも登録されている法隆寺もヒノキで造られています。ヒノキは風呂材としても使われ、清々しく高貴な香りがします。

アスナロ(翌檜)ブレンド

アスナロはヒノキ科に属し、葉もヒノキを分厚くした感じで形はよく似ています。しかしヒノキより腐りにくいといわれ、建築では土台などに使われています。香りはまるで奥深い森林の中にたたずんでいるような香りです。このアスナロブレンドには柑橘系のエッセンシャルオイルも配合し、アスナロの香りを引き立てています。

ヒメコマツ(姫小松)

マツ科の木は地球上の温帯から亜寒帯にかけて、もっとも多く配分する木です。ヒメコマツは、日本では典型的な二葉松のアカマツやクロマツと違い、五葉松です。そしてヒメコマツは名前の通り女性的な樹形で、香りも女性的で柔らかく、アロマテラピストの方々にも人気の香りです。

小夏(こなつ)

yuica 森の7days bath(日本産森のアロマの入浴剤)土佐小夏は日向夏としても知られて、柚子が突然変異したものといわれています。香りは柑橘系の強い感じはなく、とても優しく、どこか懐かしい感じのする香りです。

柚子(ゆず)

ほっと安心する柚子の香り。不思議なことに、柚子の果皮は食べ物のアクセントになりますが、入浴の場合には刺激ではなく、ホッとする安心感のある香りに感じます。このパウダーに混ぜてあるのは柚子の果皮から水蒸気蒸留法で抽出したエッセンシャルオイルです。

入浴効果抜群!!!

よくある香りだけの入浴剤ではありません。湯の花によって、とにかく発汗性がよく、体が温まるのです。浴室全体も香りで満たされ、次に浴室に入った人も、思わず「いい香り〜」と言ってしまうほど。そのせいか、リピーター率がすごいです。一度使うと、誰かに勧めたくなる。そんな入浴剤です。

※ただし、水道水の塩素の含有量によって、香りが少なく感じる地域と、強く感じる地域があります。お住まいの水道によって、香りの感じ方が異なります。強く感じる場合は半分の量でも十分です。香りの感じ方で使用量を調整して下さい。

 

 

森の7days bath(入浴剤)

yuica 森の7days bath
(7種類入)
(日本産森のアロマの入浴剤)


容 量:7袋入(各60g×7種)
ニオイコブシブレンド、小夏、柚子、ヒノキ、ヒメコマツ、アスナロブレンド、クロモジブレンド
成 分:セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、酒石酸、温泉ミネラル、香料(国産精油)、リボフラビン、エチドロン酸4Na、水

2,160 円(税込)



 

 

 

 

 

 

 

[yuica]日本の森から生まれたエッセンシャルオイル

[yuica]日本の森から生まれたエッセンシャルオイル

日本の森から生まれたエッセンシャルオイル

日本の風景

日本の森から生まれたエッセンシャルオイルです。

エッセンシャルオイル(精油)の98%は外国産という中で、
貴重な日本産のエッセンシャルオイル。
江戸時代の頃から日本人の生活に
密着してきた樹種から抽出してます。

香りは直接大脳へ届きます

私たちは主に視覚と聴覚から
情報を得ることが多く、
特に近年の生活環境では、
テレビやコンピューター、
携帯等から入るあまりにも
多すぎる視覚や聴覚で
大脳皮質を疲れさせてしまっています。

気分や体調が悪くなったり、
感情コントロールや神経系や免疫などに
異常をきたす場合もあります。

そんな視覚や聴覚に比べ、
嗅覚から得る情報は圧倒的に
少ないといわれています。

ところが、
この嗅覚は人の感情のコントロールや神経系、
免疫系を司る『大脳辺縁系』に
直接届くので、
いい香りをかぐと癒されるというわけです。

ですから、いい香りはとても大切なんです♪

日本産のアロマを使うことで

日本の山のエッセンシャルオイルを
使うということで、
日本の飛騨の山々の樹木を
守ることにつながります。

というのは、
「飛騨高山森林組合」との連携で、
山々を管理する過程で採れる材料を
使ってエッセンシャルオイルを
抽出しています。

山々の環境整備を促進して
森林を健康にしているのです。


飛騨の自然

手軽にフィトンチッドを楽しみましょう!

ヒノキ 葉フィトンチッドという言葉がありますが、
これは簡単にいうと『森の香り』です。

森林の中にいる時に感じる
あの木々の森の香りのことです。
樹木が自ら作って発する『森の香り』には、
体をリフレッシュさせたり、
精神を安定させるだけではなく、
抗菌、防虫、消臭
いろんな働きがあります。

フィトンチッドの持つ効果を私たち日本人は、
知らず知らずのうちに、
生活に利用してきていました。
ヒノキのまな板、スギやヒノキなどの
木を紙のように薄く削った経木、
シソやわさび等もそうです。

コンクリートや化学物質に囲まれた
今の私たちの生活では、
意識しないと、
『森林浴』ができない環境の人が多いと思います。
木々が作り出すフィトンチッドを
上手に利用して楽しみましょう〜!




採取風景

抽出は水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法生い茂る木々の中から目的の樹種を探し、
枝葉等を摘みます。
野生の中から探すわけですから、
木の生育環境などもよく知っていないと
なかなかできません。
中でも「クロモジ」は
似た枝葉のものが多く難しい・・・。

摘んだ葉や枝は、
ゴミを取り除いて粉砕器にかけます。
粉砕の仕方やタイミングなどもとても大切。

材料を蒸留器にかけ、
水蒸気蒸留法でエッセンシャルオイルを抽出。
季節や時間帯などでも抽出量がかわります。


 

 

森の7days bath(入浴剤)

yuica 森の7days bath
(7種類入)
(日本産森のアロマの入浴剤)


容 量:7袋入(各60g×7種)
ニオイコブシブレンド、小夏、柚子、ヒノキ、ヒメコマツ、アスナロブレンド、クロモジブレンド
成 分:セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、酒石酸、温泉ミネラル、香料(国産精油)、リボフラビン、エチドロン酸4Na、水

2,160 円(税込)



 

 

 

 

 

 

 


 


インスタグラム Facebook ツイッター


あいがとやブログ

メールマガジン



『あいがとや』営業カレンダー

赤は、定休日です。

< 前の月 2018年7月 次の月 >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

 



 

 

あいがとやイラスト

Top